1. HOME
  2. マニュアル
  3. プラグイン
  4. 新エディタGutenbergにいきなり移行してしまう前にClassic Editorを有効化

新エディタGutenbergにいきなり移行してしまう前にClassic Editorを有効化

2018.9.25  プラグイン

現在のWordPress本体の最新バージョンは4.9.8ですが、5にメジャーアップグレードされると同時にエディタ(投稿画面)が大きく変わるようです。Gutenbergというエディタになるのですが、使い勝手がかなり違いますので知らずにアップグレードしてしまうと戸惑われるかもしれません。

そこで、いきなりエディタが変わるのを回避する方法が用意されています。
Classic Editorをインストールして有効化するだけの簡単なステップです。

Classic Editorのインストールと有効化

管理画面の「ダッシュボード」→「ホーム」をクリック。「新しい、モダンな…」の画像が表示されていない場合は、右上の「表示オプション」タブをクリックし「新しいエディター」にチェックを入れます。

クラシックエディタ

画面を下にスクロールし、「旧エディターをインストール」をクリックします。

クラシックエディタ

ボタンの文言が変わったらインストール完了です。「Classic Editorを有効化」をクリックしてエディタを有効化しておきます。見た目は何も変わりません。

クラシックエディタ

Pocket